ヘルペスウイルスが悪さをすることによって引き起こされるものに口唇ヘルペスというものがあります。口元に水ぶくれが発生している場合は口唇ヘルペスが疑われます。このヘルペスは性病としても知られており、性器ヘルペスというものもあります。ヘルペスはやっかいな病気です。

緑のカプセルと葉
  • ホーム
  • 口唇ヘルペスは母子感染する?

口唇ヘルペスは母子感染する?

たくさんのカプセル

ヘルペスは初感染時が最も症状が重くなります。
ただ唇に水ぶくれができるだけでなく、リンパが腫れたり熱が出たりすることもあるのです。
とはいえ、初めて感染したのにそれほどひどくならなかったというのであれば、単にそういった体質だったというわけではなく、すでに子供時代に初感染しているのかもしれません。

ヘルペスは、母親が感染しているとしても胎児がおなかにいる期間は影響しません。
ただ産道を通るときに性器にあるウイルスと触れてしまって感染することもあります。生まれた瞬間からヘルペス患者となっているかもしれないのです。
それに、生まれてきて感染している家族と接触することでウイルスに胎児が触れてしまうことも、赤ん坊時期は自身の症状を的確に周りに伝えることはできません。
気が付かないままに初感染の症状を終わらしてしまっているのかもしれません。

かわいい我が子ではあるものの、キスしたりするのはどんな病原菌を移してしまわないとも限らず我慢してください。
面倒だからとタオルや食器を共有するのも危険です。
子供が欲しがってきたからと感染者が使用したスプーンでそのまま口に入れてやるのもやめましょう。
口の周りにヘルペスウイルスが感染する病気だってあるのです。

妊娠中や出産したばかりの頃は、ホルモンバランスも崩れていますし赤ちゃんのお世話で大忙しで免疫力も低下してしまっています。
だからこそ普段以上に気をつけてください。
いつもは抗ウイルス薬を使っている方も、この時期は赤ちゃんに影響を与えるからと使うのが危険だったりします。
そのため薬を使用する前に必ず医師に相談するようにしましょう。

たとえ性行為の経験がないという方であっても、またそれほど強い症状がない場合であっても、実はヘルペスに感染しているということはあるのです。
もしかして、という場合には放置しないできちんと検査をし、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。
ウイルスをやっつけないと悪化する一方です。

大人から小学生の子どもにヘルペスが感染る感染経路

ヘルペスウィルスはそれほど感染力の高いウィルスではないので、例えば街を歩いていて人からうつるといったことはありません。
学校や塾に通っている場合でも、他の子供や大人から感染してしまうということは殆どないと考えて良いでしょう。
何故ならヘルペスウィルスは熱や乾燥に弱く、通常の環境ではすぐに死滅してしまうためです。

しかし、ヘルペスにかかっている患者さんの血液や体液などが付着しているものに触ってしまった場合には、直接患者さんに接触していなくても感染してしまうことがあります。
とくに子供は大人よりも免疫力が弱いため、性的な接触やキスなどの行為以外でもヘルペスに感染してしまうことがあります。

ヘルペスウィルスは通常、性器や口の中など粘膜に繁殖しています。
症状が治まっている間は神経の中に潜んでいて動きませんが、免疫力が下がると皮膚の表面にまでウィルスが出現してしまいます。
こうした状態で体液が下着やタオルなどに付着すると、そこにはヘルペスのウィルスも含まれていると考えられます。

家族間での感染を防ぎたい場合には、なるべく体液や血液が付着するようなものを共有することを避けることが望ましいと言えます。
食器や歯ブラシなどは必ず別のものを使うようにしましょう。
また、子供は剃刀などを使用することは少ないですが、こうしたものからも感染しやすいので注意するようにしてください。

下着やタオルなどはよく洗うようにすれば、洗い終わったものに触れても感染することはありません。
タオルも家族間では共有することが多いですが、患者さんのものだけを別に用意しておくようにすれば、子供にヘルペスをうつすことを防ぐことができます。
母子間での感染は産道を通じてのものが主になるため、ごく普通の生活を送っていて感染することはあまりなく、子供の免疫力が落ちているような時にだけ注意するようにします。